menu

カツオが減少!?~未来につなぐ海の話~

高知県民にとって最も親しみのある魚のカツオ。
土佐の一本釣りとも称された漁法は資源を枯渇させない、優れた伝統漁法と言われています。
しかし、近年カツオが日本近海から姿を消して行っているといいます。

高知カツオ県民会議が発足、カツオに関する様々な取り組みに着手

高知かつお漁業協同組合の中田勝淑さんにお話を伺いました。

水温の上昇などいろんな要素があると思いますが、

南方の産卵海域で漁獲圧が高まる、つまり獲りすぎというのが一つの原因ではないかといことです。

そこで「高知カツオ県民会議」を発足。カツオに関する様々な取り組みに着手しています。

高知カツオ県民会議HP

カツオを「県魚」とする高知県。これからもカツオを美味しく食べるために、守るために出来ることは?

そんなことを考えながら、動画をご覧頂ければ嬉しいです。

YouTubeで動画公開しています。ぜひご覧ください。

Pickup

登録されている記事はございません。

PAGE TOP